Language ENGJPN

NEWS

ニュースリリース発表

15.04.06

御幸毛織創業110周年記念特別商品、
ミユキテックス「小石丸シルクスレッズ」を発売

このたび、御幸毛織株式会社の創業110周年を記念して、特別商品「小石丸シルクスレッズ」を2015年春夏シーズンより発売します。日本の地で創業し、110年の間ご愛顧いただき、服地を生産し続けてきた日本のメーカーの象徴として、この純粋日本種のシルクを、ストライプやチェックの白い糸の部分にだけあしらった特別な服地を開発しました。

シルクの中でも希少価値の高い「小石丸シルク」とは、通常のシルクよりも小ぶりの繭を作り、光沢や張力に優れ、毛羽立ちの少ない絹糸に紡ぐことが出来るシルクです。その生産は純粋な日本国内での養蚕に限られ(中国産のもの、または日本産と中国産のシルクを掛け合わせたものは“新小石丸“と呼ばれ区別されます。) 現在では、世界遺産に認定された富岡製糸工場のある、群馬県のシルク産地をはじめ日本国内の限られた産地で少量しか生産されていません。この小石丸は天蚕のように天然原種に近い性質があり、飼育が難く、糸が引き出しにくいために製糸をする時に大変な手間と技術が必要になります。

御幸毛織はこの「小石丸シルク」を群馬県の産地から直接買い付けし、スーツ地のストライプとチェックの縞糸部分に使用しました。縞糸(=英語でThreads:スレッズ)にはシルクの生成りの色をそのまま生かし、お召しいただきやすいスタンダードデザインに仕上げました。惜しむらくはその生産量に限りがあるため、数量限定での販売になります。

2015年春夏シーズンより、ミユキテックス「小石丸シルクスレッズ」は7色で展開します。

MIYUKITEX KOISHIMARU
ミユキテックス・小石丸シルクスレッズ ミユキテックス・小石丸シルクスレッズ
小石丸シルクの「かせ」 小石丸シルクの「かせ」 小石丸と通常の家蚕 小石丸と通常の家蚕
>