Language ENGJPN

企業情報

御幸毛織株式会社

沿革

明治38年 祖父江利一郎、織布工場(名古屋市中区前津小林)、染工場(名古屋市西区前ノ川町)を建設し創業。
明治43年 合資会社御幸毛織工場設立、資本金2万円。
大正2年 毛織物「御幸セル」がセル中の覇王として名声高める。
大正7年 御幸毛織株式会社設立、資本金50万円。
昭和9年 庄内川工場建設。毛糸紡績工場として操業開始する。
昭和32年 TV「ミユキ野球教室」放送開始。
昭和33年 高級服地「ファンシィテックス」新発売する。
昭和38年 東京証券取引所市場第一部銘柄にされる。
昭和45年 城北工場を新設(名古屋市北区浪打町1丁目51番地)、仕上工場として操業を開始する。
昭和49年 ミユキ販売株式会社設立。
昭和55年 オーストラリアにミユキ牧場設立。
平成10年 複合ショッピングセンター「ミユキモール」オープン。
平成15年 毛織物事業及び小売・卸売り事業を会社分割、不動産事業を兼営する持株会社、御幸ホールディングス株式会社に移行。
平成17年 創業100周年
平成21年 ミユキビジネスパーク稼動開始
東洋紡績株式会社の完全子会社化
平成23年 城北工場の設備を移設し、御幸毛織四日市工場として操業開始する。
平成25年 御幸ホールディングス株式会社が御幸毛織を吸収合併、社名を御幸毛織株式会社とする。
平成25年 御幸ホールディングス株式会社が御幸毛織を吸収合併、社名を御幸毛織株式会社とする。
平成29年 御幸毛織株式会社がミユキ販売を吸収合併。
>